鹿児島工業高等専門学校 National Institute of Technology

数理・データサイエンス・AI 教育プログラム

data-program

数理・データサイエンス・AI教育プログラム

鹿児島工業高等専門学校では、平成 30 年度以降に本科第 1 学年に入学するすべての学生に対し、リテラシーレベルの数理・データサイエンス・AI教育プログラムを実施しています。

教育プログラムの規則と概要

実施体制

委員会等 役割
校長 運営責任者
教務委員会 プログラムの実施・質向上
自己点検・評価委員会 プログラムの自己点検・評価

本教育プログラムにより身につけることのできる能力

  • デジタル社会の「読み・書き・そろばん」である数理・データサイエンス・AI の基礎的素養を身につけ、自らの専門分野に応用できる。
  • 社会情勢や社会での実例を学び、人間中心の適切な判断ができ、学修した知識やスキル等を説明、活用できる。
  • データや情報の取り扱い、発信、保護等に必要な原則、法規および倫理に則った行動ができる。
  • データを利活用するための様々な手法について身につけ、適切に取り扱うことができる。

実施科目

第1学年入学の全学生が履修する以下の科目により、リテラシーレベルの数理・データサイエンス・AI教育プログラムを実施しています。

学科 実施科目
機械工学科
電気電子工学科
電子制御工学科
情報工学科
都市環境デザイン工学科

モデルコアカリキュラムとの対応

モデルカリキュラム(リテラシーレベル)と本校の教育プログラム(令和3年度の実績)の対応関係は以下の通りです。

モデルカリキュラム 学習内容 実施科目
1-1.社会で起きている変化

社会で起きている変化を知り、数理・データサイエンス・AIを学ぶことの意義を理解する。AIを活用した新しいビジネス/サービスを知る。

  • 技術倫理総論
  • 国語Ⅰ
1-2.社会で活用されているデータ

どんなデータが集められ、どう活用されているかを知る。

  • 情報基礎
  • 電子制御工学基礎
  • コンピュータリテラシ
  • 情報処理Ⅰ
  • 都市環境デザイン工学概論
  • 創造実習、創造実習Ⅱ
  • 創造設計Ⅰ、システム設計学
  • 景観設計
1-3.データ・AIの活用領域

さまざまな領域でデータ・AIが活用されていることを知る。

  • 情報基礎
  • 電子制御工学基礎
  • 情報処理Ⅰ
  • コンピュータリテラシ
  • 都市環境デザイン工学概論
  • 創造実習、創造実習Ⅱ
  • 創造設計Ⅰ、システム設計学
  • 景観設計
1-4.データ・AI利活用のための技術

データ・AIを活用するために使われている技術の概要を知る。

  • 技術倫理総論
  • 国語Ⅰ
  • 電子制御工学基礎
1-5.データ・AI利活用の現場

データ・AIを活用することによって、どのような価値が生まれているかを知る。

  • 技術倫理総論
  • 国語Ⅰ
  • 電子制御工学基礎
1-6.データ・AI利活用の最新動向

データ・AI利活用における最新動向(ビジネスモデル、テクノロジー)を知る。

  • 技術倫理総論
  • 国語Ⅰ
  • 創造実習、創造実習Ⅱ
  • 電子制御工学基礎
  • 創造設計Ⅰ、システム設計学
  • 景観設計
2-1.データを読む

データを適切に読み解く力を養う。

  • 工学実験
  • 電気電子工学実験Ⅰ
  • 工学実験Ⅰ
  • 土質工学実験
  • 材料学実験
2-2.データを説明する

データを適切に説明する力を養う。

  • 工学実験
  • 電気電子工学実験Ⅰ
  • 工学実験Ⅰ
  • 土質工学実験
  • 材料学実験
2-3.データを扱う

データを扱うための力を養う。

  • 工学実験
  • 電気電子工学実験Ⅰ
  • 工学実験Ⅰ
  • 土質工学実験
  • 材料学実験
3-1.データ・AIを扱う上での留意事項

データ・AIを利活用する上で知っておくべきこと。

  • 技術倫理総論
  • 国語Ⅰ
  • 情報基礎
  • 電子制御工学基礎
  • 情報処理Ⅰ
  • コンピュータリテラシ
  • 都市環境デザイン工学概論
  • 創造実習、創造実習Ⅱ
  • 創造設計Ⅰ、システム設計学
  • 景観設計
3-2.データを守る上での留意事項

データを守る上で知っておくべきこと。

  • 技術倫理総論
  • 国語Ⅰ
  • 情報基礎
  • 電子制御工学基礎
  • 情報処理Ⅰ
  • コンピュータリテラシ
  • 都市環境デザイン工学概論
  • 創造実習、創造実習Ⅱ
  • 創造設計Ⅰ、システム設計学
  • 景観設計

申請書

  • 数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)申請書【準備中】