令和2年1月28日(火)本校中会議室において、先端研究基盤共用促進事業(研究機器相互利用ネットワーク導入実証プログラム(SHARE))の説明会が行われました。

 SHAREとは、研究機関が相互に研究設備・機器を利活用するための課題を抽出・解決する研究機器相互利用ネットワーク構築の実証実験を実施し、大学間、大学と企業間等の研究設備・機器の共用を推進することを目的としており、長岡技術科学大学を中心に豊橋技術科学大学及び本校を含む7つの高専が参画している事業です。

 

 当日の説明会では、長岡・豊橋両技科大及び長島町(鹿児島県)並びに函館・鹿児島高専の5つの拠点をネットワークでつなぎ、長岡技術科学大学の齊藤先生による事業概要の説明の後、実際にサンプルを用いた解析作業を遠隔操作(鹿児島高専から両技科大)にて行う、デモンストレーションが行われました。

P1280611 P1280617