令和2年3月

                                         寮務主事  

            学寮における新型コロナウイルス感染予防のための対応

 

(1)寮内での手洗い、咳エチケットを徹底する。

(2)寮内各所に配置しているアルコール消毒液を適宜利用する。

(3)食堂、風呂などの共用施設については、十分に換気を行う。

(4)不要不急の他室訪問を避ける。

(5)持病等による咳、くしゃみ等の症状がある者は、咳エチケットを徹底すると共に、

   あらかじめ同室者にその旨を伝える。

   また、これ以外の寮生については、その事情を理 解し、過度に反応せぬよう冷静に対応する。

(6)風邪の症状や発熱(体温 37.5℃を目安)がある場合は、登校せず、以下の対応を行う。

①寮務係へ連絡する。

②休養室で安静にし、経過を観察する。

③症状が改善しない、あるいは、悪化の傾向がみられる場合は、自宅療養へ切り替える。

(7)朝点呼(晴天時)は、通常どおりグランドで行う。

   中間、最終点呼および朝点呼(雨天時)は整列点呼とするが、班員は部屋から顔を出すなどして、

   班⾧部屋から班員の所在が確認できるようにすること。

(8)学外への外出の際は、可能な限りマスクを着用し、人混み、密閉空間となる場所を避けるよう

   心掛ける。