本校の学生1名が、PCR検査を受検し、陽性であることが判明しました。

 これは、既に感染が判明した方の濃厚接触者に特定され、PCR検査の結果、一度は陰性と判定され、自宅にて待機しておりましたが、その後体調が変化し、再度PCR検査を受検したところ、陽性と判定されたものです。

 なお、本校は1月6日(水)から授業を開始しておりますが、当該学生は登校していないこと、保健所等の指導・助言により校内に濃厚接触者がいないことを確認したことから、休校等は行いません。

 

 本校としましては、校内施設の感染症防止の安全を確認した上で、さらに、全ての教職員、学生に対して毎日の検温による事前管理を徹底し、感染拡大予防対策を継続して参ります。

 また、今後も引き続き、保健所等の関係機関と連携し、全校をあげて感染症予防に努め、通常の教育活動等が継続できるよう対策を行って参ります。

 

 今回感染が確認された学生の早期の回復をお祈りするとともに、関係の皆様におかれましては、差別・偏見・いじめ・誹謗中傷などの防止にご協力いただきますようお願い申し上げます。

 

 

     令和3年1月12日                  

鹿児島工業高等専門学校長 氷室 昭三