(1)日本学生支援機構奨学金について

人物・学業ともに特に優れ、かつ健康であって、経済的理由により著しく修学に困難があり、奨学金が必要であると認められる者に対し、選考のうえ奨学金が貸与(全学年)または給付(4年生以上)されます。
 また、高等専門学校に進学後に、奨学金を希望する者を対象とする「予約採用候補者」という制度があります。これは、中学校3年生に在学し、高等専門学校へ進学希望を持っている者で、特に優れた資質を有し、経済的理由により修学の困難な人を対象に、進学前に募集を行うものです。詳しくは、在学中学校の進路指導の先生へお問い合わせ下さい。

また、入学・進級後(2年生以降も対象)に貸与奨学金を希望する学生に対し、在学募集を行っております。募集に際し、学生対象の説明会を開催しておりますので、開催案内をご確認下さい。

1)奨学金の種類

奨学金の種類

申込学年

貸与開始時期

貸与終了時期

第一種奨学金

(無利子)

定期採用

全学年

専攻科

4月

原則として

卒業予定期

第二種奨学金

(有利子)

定期採用

4・5年生

専攻科

4月

原則として

卒業予定期

給付奨学金

定期採用

4・5年生

専攻科

4・10月

原則として

卒業予定期

・募集について、教室やホームページ等に掲示するので、確認をするようお願いします。

・予期しない事由(生計維持者の非自発的失職、病気等による長期休職など)で家計急変が起き、奨学金を希望する場合は、学生係に相談してください。

 

2)貸与奨学金について

貸与対象者の条件

  1. 第一種奨学金(併用貸与含む)・第二種奨学金 学力基準

「第一種奨学金のみ」又は「併用貸与」

いずれかに該当

①中学校最終学年の成績の平均が、3.5以上であること。(1年生)

本人の属する学科において平均水準以上であること。(2年生以上)

②上記①の基準を満たさない場合であっても、生計維持者の住民税が非課税(市区町村民税所得割が0円)である者、生活保護受給世帯の者又は社会的養護を必要とする者(児童養護施設等入所者、里親による養育を受けている者等)であって、次のア又はイのいずれかに該当する者。

ア.特定の分野において、特に優れた資質能力を有し、特に優れた学習成績を修める見込みがあること。

イ.学修に意欲があり、特に優れた学習成績を修める見込みがあること。

「第二種奨学金のみ」

次の①②いずれかに該当すること。

①出身学校又は在籍する学校における成績が平均水準以上と認められること。

②学修に意欲があり学業を確実に修了できる見込みがあると認められること。

 2. 第一種奨学金・第二種奨学金(併用貸与含む) 家計基準

※家計については日本学生支援機構にて審査されます。

「第一種奨学金のみ」

いずれかに該当

①申込時の生計維持者の年収(給与収入の場合)・所得金額(給与以外の収入の場合)等から特別控除額を差し引いた金額(認定所得金額)が、世帯人数ごとに設定された収入基準額以下であること。

②生計維持者の住民税が非課税(市区町村民税所得割が0円)である者、生活保護受給世帯の者又は社会的養護を必要とする者(児童養護施設等入所者、里親による養育を受けている者等)のいずれかであること。

「第二種奨学金のみ」又は「併用貸与」

 申込時の生計維持者の年収(給与収入の場合)・所得金額(給与以外の収入の場合)等から特別控除額を差し引いた金額(認定所得金額)が、世帯人数ごとに設定された収入基準額以下であること。

貸与奨学金の月額

貸与奨学金の種類

 通学区分

貸与金額(月額)

1~3年生

4・5年生、専攻科

第一種奨学金
(無利子)

自宅外通学

22,500円(最高月額)

51,000円(最高月額)

自宅通学

21,000円(最高月額)

45,000円(最高月額)

第二種奨学金
(有利子)

自宅通学

自宅外通学共通

2~12万円の間で1万円単位選択

3)給付奨学金について

支給対象者の条件

給付

奨学金

申込学年

採用基準

4・5年生

専攻科

学力基準

直近の定期試験にて成績上位1/2以上であること、もしくは標準単位数を取得し、学修意欲のある学生と認められること。

家計基準

収入基準が学生本人と生計維持者が非課税もしくはそれに準ずる家庭。かつ、資産額が基準額以下であること。

※収入基準に応じて3つの支援区分のいずれかに該当し、支給金額が決定されます。

 

※家計については日本学生支援機構で審査されます。対象になりそうかどうか大まかな確認が下記HPでできます。

・独立行政法人 日本学生支援機構HP内進学資金シミュレーター

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

特記事項

 給付奨学金は、『高等教育の修学支援新制度』の1つであり、同制度内の授業料免除制度との採用基準が同じになります。つまり、給付奨学金に採用された学生は、採用区分に応じ授業料免除も受けることができます。

支給金額(月額)と授業料免除額

支援区分

支給金額(月額)

授業料免除額

自宅通学生

自宅外通学生

第Ⅰ区分

17,500円

(※25,800円)

34,200円

全額免除

(免除額117,300円)

第Ⅱ区分

11,700円

(※17,200円)

22,800円

2/3免除

(免除額78,200円)

第Ⅲ区分

5,900円

(※8,600円)

11,400円

1/3免除

(免除額39,100円)

※支給金額自宅通学生の()内の金額は、生活保護受給家庭の場合

【併せて第一種奨学金を借りている場合、貸与金額が変更となります】

支援区分

自宅通学

自宅外通学

第Ⅰ区分

7,900円

(5,600円)

0円

第Ⅱ区分

20,200円

(20,700円)

15,100円

第Ⅲ区分

20,000円    32,500円

(20,000円)   (35,800円)

20,000円

33,000円

※( )内の金額は、生活保護受給家庭の場合

※給付奨学金受給中であっても第二種奨学金は金額を自由に選択できます。

(2)その他の奨学金について

鹿児島県育英財団などの地方公共団体、民間育英団体等の奨学金制度がありますが、出願・採用時期等も異なり、その多くは本人が直接手続きをする必要があります。

なお、各種機関から本校に推薦依頼があった場合は、その都度掲示等によりお知らせします。

奨学金に関する事務は学生係で取り扱っていますので、学校の推薦を必要とする学生並びに採用になった学生は、学生係へ申し出て下さい。
奨学金制度については、下記URLをご参照ください。

 

○問い合わせ先

鹿児島工業高等専門学校 学生課学生係
〒899-5193 鹿児島県霧島市隼人町真孝1460-1

TEL:0995-42-9015  FAX:0995-43-2584