令和元年10月15日

本科4年生 各 位

専攻科1年生各 位

保 護 者 各 位

学生課学生係

 

日本学生支援機構(JASSO)給付型奨学金新制度に関する説明会のお知らせ

 

 令和2年4月より、日本学生支援機構(JASSO)にて新しい給付型奨学金の制度が開始されます。これまでの給付型奨学金に比べ、採用基準が緩和されたため、多くの学生に、給付型奨学金を申請する機会が設けられました。そこで、10月26日(土)高専祭文化祭の日に、下記のとおり保護者の方を対象にした新しい給付型奨学金制度についての説明会を行います。申請希望の方は説明会へご参加ください。26日にご参加できない場合は、後日、学生を対象とした説明会を予定しております。両日とも説明会にご参加できない方は、学生係にお越しください。

 なお、申請締切日は11月15日(金)といたしますので、ご了承ください。

 

1、説明会に関して

【開催日時】

 10月26日(土) 時間 12:30~13:30

【開催場所】

 情報工学科棟 合併教室

 

2、支給金額(月額)

 期間:令和2年4月から卒業する(修業年限の終期)まで ※原則毎月振込

   

自宅通学

自宅外通学

高等専門学校

本科生5年

専攻科生2年

第Ⅰ区分

17,500円

(25,800円)

34,200円

第Ⅱ区分

11,700円

(17,200円)

22,800円

第Ⅲ区分

5,900円

(8,600円)

11,400円

 

  *生活保護世帯(受けている扶助の種類は不問)の人及び進学後も児童養護施設等から通学する人は、上表のカッコ内の金額となります。

3、申込資格・応募対象者に関して

【申込資格】

  (1)次年度進級予定の者で、申込時点で高等専門学校4年生又は専攻科生1年の方

 

【応募対象者】次の「収入基準」及び「資産基準」のいずれにも該当していること       

(収入基準)

第Ⅰ区分 

申請者(学生本人)と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること(※1) 

※1

ふるさと納税、住宅ローン控除等の税額控除の適用を受けている場合、各区分に該当しない場合があります

第Ⅱ区分

申請者(学生本人)と生計維持者の支給額算定基準額(※2)の合計が100円以上25,600円未満であること 

※2

支給額算定基準額*1 =課税標準額×6%-(調整控除額+調整額)*2 

(100円未満切り捨て)

*1 市町村民税所得割額が非課税の人は、(※1)の場合を除き、この計算式にかかわらず支給額算定基準額が0円となります。

*2 政令指定都市に対して市民税を納税し

ている場合は、(調整控除額+調整額)に3/4

を乗じた額となります。

第Ⅲ区分

申請者(学生本人)と生計維持者の支給額算定基準額(※2)の合計が25,600円以上51,300円未満であること

(資産基準)

申請者(学生本人)と生計維持者(2人)の資産額の合計(※)が2,000万円未満(生計維持者が1人のときは1,250万円未満)であること。

なお、資産に関する証明書(預貯金のコピー等)の提出は不要です。

 

★家計基準の審査は学校ではなく、全て日本学生支援機構が行います。

各ご家庭の収入状況が収入基準に該当するか否かについては、JASSOのホームページに記載されている進学資金シミュレーター(https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/)にて、より具体的に確認できますので適宜ご利用ください。

 

以上