令和元年5月吉日

平成31年3月奨学金貸与満期終了後も在学中の学生 

および 満期修了前に奨学金の貸与を辞退した学生   各位

                               学生課学生係

 

        日本学生支援機構奨学金に係る在学猶予願の提出について

 

 日本学生支援機構の奨学生のうち、平成31年3月卒業後に大学・専攻科等へ進学した学生、もしくは奨学金を

辞退(平成30年12月~平成31年1月にスカラネットで実施した奨学金継続願で「辞退」を選択)した後も在学

している学生については、願出により在学期間中は最短の卒業予定年月まで返還期限を猶予することができます。

 返還期限の猶予を希望する学生は、スカラネット・パーソナルから各自「在学猶予願」を提出してください。

 提出期限は5月24日(金)迄です。なお、提出がなかった場合は、在学中の学生であっても令和元年10月より

返還が開始されますのでご留意ください。

 提出方法等の詳細については下記をご確認願います。

 

【日本学生支援機構ホームページ在学猶予URL】 https://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/zaigaku_yuyo.html

【参考】スカラネット・パーソナルでの在学猶予願提出手続きについて

 

※スカラネット・パーソナルでの在学猶予願(在学届)の提出には、「学校番号」および「区分」の入力が必要です。

 「学校番号」および「区分」については学生係までお問い合わせください。

※平成30年10月12日(金)に開催した奨学金返還説明会にて、日本学生支援機構の奨学金を貸与している本科

 5年生・専攻科2年生(平成30年度時点)には本件について既にお伝えしておりますが、返還期限猶予を希望する

 在学中の学生で、まだ提出が済んでいない方は速やかに提出するようお願いいたします。