平成30年度6月9日(土)国分公民館において、第2回ニューライフカレッジ霧島を開催しました。

 2回目となる今回は「大地と共に生きる~土地利用と減災の知恵~」と題し、志學館大学人間関係学部准教授の宗建郎氏による講演がありました。

 過去の水災害を事例に、同じエリアでも被害の程度がなぜ違うのか、私たちは何を想定して災害に備えたら良いのかが語られ、その土地の地盤がどのように形成されたのか、その事が災害発生時にどのような結果をもたらしたのか、当時の地図を用いながらわかりやすく説明が行われました。

また、講演の後半にはグループワークが行われました。私たちの住む霧島市のハザードマップを見ながらどこが危険なのか、避難経路はどのように選択すればよいのかなどを話し合い、各班それぞれが発表を行い意見交換が行われました。

災害対策について改めて考える良い機会となり、受講生は熱心に講演に耳を傾け、グループワークでも積極的に発言していました。

image1image3

 

image2image4