産学連携の国際展開

 9月11日、鹿児島高専テクノクラブ会員企業の千堂機械設計と本校、それにマレーシア工科大学(UTM)土木工学部地盤交通工学科の三者によるAchademi-Industry Strategic Networking SessionがUTMジョホールキャンパスで開催されました。
 千堂機械設計からは千堂 浩 代表(本校1988年卒 機械工学科21期)、本校からは都市環境デザイン工学科 堤 隆 教授、UTMからはDr. Kamarudin bin Hj Ahmad 学科長、測量部門 Dr. Mushairry Mustaffar 准教授など教員6名のほか大学院生が参加し、千堂代表のセンサ開発技術のマレーシアでの応用について熱心な議論が展開されました。

写真1 写真2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌9月12日は首都クアラルンプールに場所を移し、IEM(The Institution of Engineers Malaysia)のイブニングセミナーで千堂代表が実務者の方々に日本でのセンサ導入の実績について講演されました。

写真3 写真4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 9月13日は再び千堂代表と堤教授がUTMジョホールキャンパスを訪問、岩盤工学研究室を見学し、Dr. Rini Asnida binti Abdullah上級講師と面談を行いました。マレーシアでは特に都市部において開発行為が岩盤の急斜面付近にまで及んでおり、崩壊による被害がたびたび生じています。Dr. Riniは崩壊の予知方法確立を目指しており、日本の環境で鍛え抜かれた千堂代表のセンサの開発技術に期待を寄せています。

写真5 写真6写真7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島高専は学生のみならず地元企業の皆様と一緒に国際化を展開します。
 

Contents

  • 学校案内
  • 学科紹介
  • 教育・研究施設
  • 学生生活
  • 入試情報
  • 就職・進学状況
  • アクセス
  • 入札情報
  • 教職員募集
  • 教育情報の好評
  • 鹿児島高専意見箱
  • 行事予定表
  • JABEEプログラム
  • 情報公開
  • リンク
  • The 7th IJISEE 2017
  • isie2018
  • 平成29年度合同企業セミナー 参加企業募集中
  • RGBかごしま1st
  • 地域共同テクノセンター
  • KTC
  • 宇宙天気ニュース
  • 男女共同参画推進
  • 独立行政法人国立高等専門学校機構
  • 鹿児島工業高等専門学校 同窓会
  • 隼人錦江スポーツクラブ