航空技研が室内飛行ロボコンにてベストパイロット賞を受賞

 平成29年9月1日~3日に大森スポーツセンターにて日本航空宇宙学会が主催する第13回全日本学生室内飛行ロボットコンテストが開催されました。本校の航空技研は第10回大会に飛行船で参加しておりましたが、部長の機械工学科4年瀬戸口佑弥君、副部長の機械工学科4年上山賢剛君、副部長の電気電子工学科3年橋口正平君は、固定翼機での参加することにこだわり活動を続けてきました。
 この大会では事前審査を通過することができ、大会では決勝戦へ進出、ベストパイロット賞(ANA賞)を受賞しました。受賞理由は「通常の機体に比べて2/3程度の主翼スパン長の短い機体を用いて、メインミッションを的確に達成する操縦を行った点を評価する。」とのことです。来年度の大会ではミッション評価ベス ト3位入賞することを目指して頑張ります。

 

大会の様子

飛行直前 特別賞受賞の瞬間

Contents

  • 学校案内
  • 学科紹介
  • 教育・研究施設
  • 学生生活
  • 入試情報
  • 就職・進学状況
  • アクセス
  • 入札情報
  • 教職員募集
  • 教育情報の好評
  • 鹿児島高専意見箱
  • 行事予定表
  • JABEEプログラム
  • 情報公開
  • リンク
  • The 7th IJISEE 2017
  • isie2018
  • RGBかごしま1st
  • 地域共同テクノセンター
  • KTC
  • 宇宙天気ニュース
  • 男女共同参画推進
  • 独立行政法人国立高等専門学校機構
  • 鹿児島工業高等専門学校 同窓会
  • 隼人錦江スポーツクラブ