10月19日(土)、福岡県久留米市の久留米シティプラザにて、九州沖縄地区高専技術振興会サミットが開催されました。本サミットは九州沖縄地区の9つの高専で組織している第5ブロック研究推進ボートが主催となり、産学連携の推進を目的としています。

 開会にあたり、主幹校の久留米高専 三川 譲二 校長、主催者の大分高専 日野 伸一校長、高専機構 谷口 功 理事長、来賓の方々よりご挨拶をいただいた後、「高専教育と産学連携への期待~高専教育の魅力を高める~」というテーマで、元トヨタ自動車九州(株)取締役会長 二橋 岩雄 氏より基調講演がありました。

 続いて3社の企業の方より、連携事例紹介として各高専と行っている共同研究の発表、高専機構 研究推進担当 安藤 真 理事より、「高専の産学連携取組みの紹介」がありました。

 パネルディスカッションでは、「技術振興会と高専連携による持続可能な地域未来の創成~地域拠点としての高専への期待と課題~」をテーマに、鹿児島高専テクノクラブ(KTC)の鶴ヶ野 未央 会長を含む、高専・技術振興会・官公庁等の関係者6名の方がパネリストとして登壇されました。

 本サミットでは九州沖縄地区高等専門学校技術振興会サミットin KURUME 宣言が採択され、九州沖縄地区の産学連携の強化に取り組んでいくことが表明されました。また、サミット終了後には情報交換会が行われ、各9高専の教職員や技術振興会関係者の交流の場となりました。

PA190473PA190479

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、大分高専の記事

■「九州沖縄地区高専技術振興会サミット in KURUME」を開催

http://www.oita-ct.ac.jp/topics/20191019_summit_kurume.html