10月6日に佐世保高専で開催された第52回九州沖縄地区国立高等専門学校英語プレゼンテーションコンテストにおいて、都市環境デザイン工学科3年・福元 恋彩瑠さんと情報工学科1年・松下 拓海さんが見事優勝しました。

福元さんはプレゼンテーション部門に出場し、”A Magic Cloth Can Save the Earth”と題した作品の中で、環境保護の観点に立ち、日本に古くからある風呂敷の有用性を実演を交えながら訴え、独創性と表現力の豊かさが高く評価されました。

また、松下さんは、暗唱部門に出場し、夏休みを返上して取り組んだ練習の成果を余すところなく発揮しました。

本コンテストは来年1月に開催される全国大会への橋渡しとなる大会で、福元さんは全国大会に出場することが決定しています。

お二人とも、優勝おめでとうございます!

 

松下 拓海さん(左)と福元 恋彩瑠さん(右)