高専女子フォーラムは、高専女子学生を対象としたキャリア教育を主たる目的として国立高専機構主催により、2012年から2015年度まで全国8地区で開催されました。九州沖縄地区では2015年度を最後に開催されておりませんでしたが、9月7日(土)に九州沖縄地区として3年ぶりに、本校主催で「2019年度高専女子フォーラムin 九州沖縄」を九州大学伊都キャンパスの椎木講堂を会場に開催しました。

 今回のフォーラムには国立高専機構の谷口理事長にご参加をいただき,開会式では「日本は女性の社会進出が遅れており、これを機に世界へ進出して欲しい」旨の熱い激励がありました。

 高専女子学生のポスター発表には,本校の7名を含め九州沖縄地区の6高専7キャンパスから発表者36名,聴講4名の参加があり,参加者が生き生きと発表を行っている様子が見られました。また,企業関係者のポスター発表には38社72名の参加があり、高専女子の活躍や将来のキャリアなど、お互いに交流を通して得るものが多い有意義な催しとなりました。

 

会場となった九州大学 椎木講堂前での記念撮影

開会式直後の記念撮影

(谷口功・国立高専機構理事長(後方中央),氷室昭三校長(後方中央右)と本校の発表女子学生)