Robogalsはオーストラリアに本部がある国際的ボランティア団体で、Robogals Kagoshimaは日本国内で3番目に認定を受け,小中学生に科学・技術・工学・数学を学ぶ楽しさを伝える活動を行っています。これまでにも本校の近隣の小中学校においてワークショップを実施してきましたが、9月13日,14日に今回は初めて,離島の奄美大島にある龍郷町立龍瀬小学校、奄美市立笠利小学校、龍郷町りゅうがく館にてワークショップを実施しました。

 児童たちは普段触れることの少ないロボットの制御に、難しさもありながらも熱心に取り組んでいる様子でした。また,ワークショップを通じてRobogals Kagoshimaの本校女子学生にも成長する姿がうかがわれました。

今回の取り組みには保護者や教育関係者の見学も多く、南海日日新聞(9月14日付)や奄美新聞(9月19日付)にも紹介されました。

 

龍瀬小学校でのワークショップ

 

笠利小学校でのワークショップ

 

りゅうがく館でのワークショップ