令和元年5月18日(土)国分公民館において、第1回ニューライフカレッジ霧島を開催しました。

 ニューライフカレッジ霧島は、本校と志學館大学及び霧島市教育委員会が開催する生涯学習講座で、平成12年度から始まり今年度で20周年を向かえます。毎年テーマを設定し、南九州地域を中心に自然・社会・産業などの地域遺産を学び、未来に繋いでいこうとする地域学となります。

 令和元年度は、「地域力で未来をつくる」をテーマとして、地域の魅力を掘り起こし、その魅力を広く発信している様々な団体や個人の方から地域おこしのヒントを全10回にわたり学んでいきます。

 第1回目となった今回は、「地域遺産・世界遺産・未来遺産と地域力」と題し、志學館大学教授である原口 泉氏による講演が行われました。 古代は和歌の話から、近代の自然遺産まで幅広い講演が行われ、受講者からは、原口先生の引き出しの多さに驚きの声と、充実した時間を過ごすことができたと言う声が多くあがりました。