平成30年11月10日(土)本校大講義室において、第7回ニューライフカレッジ霧島を開催しました。

 7回目となる今回は「発掘調査からみるグローバルな世界」と題し、霧島市教育委員会社会教育課 主任主事 坂元 祐己 氏による講演が行われました。

 今回の講演では歴史学、考古学、文化財学の違いについて説明があり、南九州、特に鹿児島が貿易上、いかに重要な拠点であったかが語られました。歴史的には江戸に都が移されるまでは西日本の方が東日本より人口が多かったとの説明を聞いて、受講生から驚きの声があがりました。

 受講生からは「大隅の国、国分・隼人の歴史を知る事ができて良かった。」、「とても楽しく学ぶことができました。日本の歴史が身近になりました。隼人、国分が都市であることを、鹿児島に生まれたことの誇りを感じることができました。」、などの意見が寄せられました。

PB100461 PB100467 PB100470 PB100472