機関別認証評価

機関別認証評価とは

学校教育法が改正され、「高等専門学校は、その教育研究水準の向上に資するため、教育研究、組織運営及び施設設備の総合的な状況に関し、7年以内ごとに、文部科学大臣が認証する評価機関(認証評価機関)の実施する評価を受けること」が義務付けられました。
(学校教育法第109条第2項、第123条及び学校教育法施行令第40条)

評価の目的

大学評価・学位授与機構が、国・公・私立高等専門学校からの求めに応じて実施する高等専門学校機関別認証評価は、我が国の高等専門学校の教育研究水準の維持及び向上を図るとともに、その個性的で多様な発展に資するよう、以下のことを目的として実施されます。

  1. 高等専門学校機関別認証評価に関して、機構が定める高等専門学校評価基準(以下「高等専門学校評価基準」という。)に基づいて、高等専門学校を定期的に評価することにより、高等専門学校の教育研究活動等の質を保証すること。
  2. 評価結果を各高等専門学校にフィードバックすることにより、各高等専門学校の教育研究活動等の改善に役立てること。
  3. 高等専門学校の教育研究活動等の状況を明らかにし、それを社会に示すことにより、公共的な機関として高等専門学校が設置・運営されていることについて、広く国民の理解と支持が得られるよう支援・促進していくこと。

評価の内容

認証評価は、大学評価・学位授与機構が定める「高等専門学校評価基準」に基づいて実施されます。高等専門学校評価基準は、下表に示すように11の基準と2つの選択的評価事項で構成されています。
11の基準は、教育活動を中心として高等専門学校の総合的な状況を評価するためのものであり、基準ごとにこれを満たしているかどうかの判断を中心とした評価が実施されます。
選択的評価事項は、その評価を希望する高等専門学校のみを対象として、各高等専門学校が有する目的の達成状況等についての評価が実施されます。

基準1 高等専門学校の目的 基準8 施設・設備
基準2 教育組織(実施体制) 基準9 教育の質の向上及び改善のためのシステム
基準3 教員及び教育支援者等 基準10 財務
基準4 学生の受入 基準11 管理運営
基準5 教育内容及び方法
基準6 教育の成果 事項A 研究活動の状況
基準7 学生支援等 事項B 正規課程の学生以外に対する教育サービスの状況

評価結果の状況

鹿児島工業高等専門学校は、平成18年度及び平成24年度に大学評価・学位授与機構が実施する「高等専門学校機関別認証評価」を受審しました。
平成24年度においては、平成25年3月27日付けで、以下のように評価されました。

認証評価結果

鹿児島工業高等専門学校は、高等専門学校設置基準をはじめ関係法令に適合し、大学評価・学位授与機構が定める高等専門学校評価基準を満たしている。

選択的評価事項に係る評価結果

鹿児島工業高等専門学校は、大学評価・学位授与機構が定める「選択的評価事項A 研究活動の状況」において、目的の達成状況が良好である。
鹿児島工業高等専門学校は、大学評価・学位授与機構が定める「選択的評価事項B 正規課程の学生以外に対する教育サービスの状況」において、目的の達成状況が非常に優れている。

鹿児島高専の評価

本校は、11の基準及び2つの選択的評価事項について評価を受け、「優れた点」及び「改善を要する点」として挙げられたものは次のとおりです。

主な優れた点 

  1. 平 成20年度文部科学省「質の高い大学教育推進プログラム」に採択された「技術士会と連携した新たな実践的技術者教育」において、平成20年度、21年度に 教員と技術士による共同教育をものづくり教育科目において実施し、その後も継続的に、各学科の技術士参加授業を実施している取組は、特色ある取組である。 (基準5:準学士課程)
  2. 機械工学科1年次の「創作活動」、電気電子工学科の「創造実習Ⅰ、Ⅱ」、電子制御工学科の「創造設計 Ⅰ、Ⅱ」、情報工学科の「創造教室」、都市環境デザイン工学科(土木工学科)の「景観設計(旧・意匠設計)」などにおいて、課題に対してグループ作業を通 して、学生が独自に議論・提案し設計・製作に取り組む中で、より良いものを目指して創意工夫を発展させるように内容をチェックし、必要に応じてアドバイス を与えるなど、創造性を育む教育方法の工夫が図られている。(基準5:準学士課程)
  3. 専攻科課程の「環境創造工学プロジェク ト」、「機械設計演習」、「都市計画演習」などにおいて、出身学科の異なる学生によるグループ編成を行い、アイデア発表を行わせ、異なる視点から対象を捉 えて議論させることにより、創造性を発展させるなど、創造性を育成する工夫が図られている。(基準5:専攻科課程)
  4. 就職につ いて、準学士課程、専攻科課程ともに就職率(就職者数/就職希望者数)は極めて高く、就職先も建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、 運輸業などの当校が育成する技術者像にふさわしいものとなっている。進学についても、準学士課程、専攻科課程ともに進学率(進学者数/進学希望者数)は極 めて高く、進学先も学科・専攻の専門分野に関連した工学系の大学や大学院となっている。(基準6)
  5. 地域の若手技術者の育成を 目的に、平成18 年度から平成23年度に掛けて実施した人材育成事業を多様に展開し、その成果を活かして、平成24 年度には、鹿児島県内在住のスキルアップを目指している社会人を対象とした「新技術セミナー」を開催し、今後の社会人教育への取組を充実させようとしてい る点は、特色ある取組である。(事項B)
  6. 地域住民へのスポーツ支援を目的とした「隼人錦江スポーツクラブ」と協定を結び、霧島市及び近隣住民に対して各種競技の技術指導を行うなど活動の成果を上げている点は、特色ある取組である。(事項B)

優れた点(主な優れた点を除く)

  1. 一般科目及び専門科目を担当する教員間の連携のもとに、授業内容のコアを定めた『基礎・基本』を編纂・刊行し、極めて効果的に活用している。(基準2)
  2. 教育、学校運営、社会貢献に関して特に顕著な功績を上げた者を、教育功労者表彰規則及び教育功労者表彰基準を学校独自に制定し、表彰していることは、特色ある取組である。(基準3)
  3. 平 成20年度文部科学省「大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム」に採択された「鹿児島はひとつのキャンパス-地域のリーダー養成のための大学 連携と総合教育の構築-」において、平成20 年度から23 年度に鹿児島県の全大学等が連携し、自治体等の協力を得て地域のリーダー養成のため、多様な一般教養科目を受講可能とし、その後も「コーディネート科目」 として共同教育を行っている取組は、特色ある取組である。(基準5:準学士課程)
  4. 当校独自に実施している海外の企業・研究機関でのインターンシップの実績は、学生の要望、社会のニーズに対応した特色ある取組である。(基準5:専攻科課程)
  5. 授業の進捗に合わせた予習内容を明記するなど、学生の活用に配慮したシラバスが、効果的に活用されている。(基準5:専攻科課程)
  6. 授業改善計画書を用いて、各授業において教育内容及び教育方法の改善の取組が効果的に実施されている。(基準9)
  7. 小・中学生を主な対象とした「鹿児島高専の日」というイベントを毎年度実施し、高等専門学校における教育研究活動を発信している取組は、特色ある取組である。(基準11)

改善を要する点

  1. 教育目標を達成する科目群の効果的な配置について、見直しの検討を進めているものの、改善の余地がある。(基準5:準学士課程)
  2. 専攻科課程の教育目標を達成するための効果的な科目群の配置に関しては、改善の余地がある。(基準5:専攻科課程)
  3. 学生が行う学習達成度評価において、準学士課程、専攻科課程ともに、語学力を含むコミュニケーション能力に対して低い評価結果となっている。(基準6)
  4. 効果的な自己点検・評価の実施に関しては、学校として策定した評価項目の設定について、改善の余地がある。(基準9)

これまでの評価結果の状況等

平成24年度の報告

平成18年度の報告

Contents

  • 学校案内
  • 学科紹介
  • 教育・研究施設
  • 学生生活
  • 入試情報
  • 就職・進学状況
  • アクセス
  • 入札情報
  • 教職員募集
  • 教育情報の好評
  • 鹿児島高専意見箱
  • 行事予定表
  • JABEEプログラム
  • 情報公開
  • リンク
  • 高専連携事業
  • 第50回 全国高等専門学校体育大会
  • 宇宙天気ニュース
  • 高専女子フォーラムin九州沖縄
  • 男女共同参画推進
  • 独立行政法人国立高等専門学校機構
  • 鹿児島工業高等専門学校 同窓会
  • 隼人錦江スポーツクラブ